性行為は権衡のことを考えても必要不可欠

日本では、結婚生活が長くなるほどセックスレスになる傾向があるそうです。

付き合いたてのカップル、結婚し建ての夫婦は、毎日のような性行為があるのかもしれません。しかし、日が立つにつれて、徐々にセックスの回数が減り、1ヶ月以上の期間が空いてしまう。これをセックスレスといいます。

なんだか当たり前のようなきがするのですが、海外ではそんなことはない。
特に、アメリカなどでは、鍵付きの心室で夫婦がダブルベットで寝る習慣があり、ちょっとした事なんですが、性行為をおこなうために、必要な好意だそうです。

それに対して、我が日本は夫婦が別々のベットで寝たり、別々の部屋で寝るのは珍しくありません。そうあんると、セックスレスどころか、離婚の危機に、、、。

そんな日々を過ごしていると勃起不全になるのも当たり前といえば当たり前。むしろ、勃起不全になったとしても、解消しないのかもしれない。

しかし、50代、60代になっても、定期的なセックスをすることは、体のこと、権衡のことを考えると必要な好意だそうです。
例えば、男性の場合、射精の頻度が多いほど、前立腺がんになりにくいそうです。

これはすごく意外なんですが、前立腺がんは50代以降の発症率が高まり、厚生労働省の調べによると65~70歳では患者数1位だそうです。今後も増え続けると言われている。

前立腺がんを防ぐためにも、セックスして的的に射精する。

しかし、勃起不全だと、性欲があったとしても、勃起を維持してくれないために、治療薬であるフォーゼストなどを利用することになります。

性行為とは、性欲だけでなく、これから先の健康を考えてもとても必要な好意。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP